火災保険に加入する時のポイント

会社設立.com
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.com TOP
  2. 火災保険に加入する時のポイント

お申込み専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

火災保険に加入する時のポイント

火災保険に加入する時のポイントは

  1. 水災を補償に入れるかどうか
  2. 家財の金額
  3. 地震保険も付けるか

の3つです。

1つ目の水災ですが、水災とは洪水や土砂崩れなどの雨が降ったことで起こる災害のことです。

例えばマンションの一室だったりを事務所にしているだけとか、地上階の建物でも地区のハザードマップで洪水や土砂崩れの心配がなければ入る必要はありません。

しかも火災保険は1年ではなく数年単位で加入することもありますので、水災を入れるか入れないかだけでも保険料は大きく変わってきます。

2つ目は家財の価格です。

基本的に建物の価格はある程度、見積もりによって決まってしまうので心配する必要はないのですが家財に関しては言い値であることがほとんどです。

オフィスの家具や部屋の中にあるもののほとんどが家財にあたるのですが結構な割合で、家財の金額を低く設定していることが多いです。

災害が起こらなければ保険料が安くなっていいのですが、過小評価している場合災害が起こっても設定されている金額までしかでません。

もし火災で全て燃えてしまったら、建物以外にもどのくらい家具などにお金がかかるかはしっかりと検討した方がよいでしょう。

最後の1つが地震保険です。

地震保険は保険金額に上限があって、火災保険加入額の50%までで、かつ建物は5000万円で家財は1000万円までとなっております。

そして火災保険に比べても保険料が高く、少し加入するのに躊躇する金額になります。

それでも地震保険は入っておくべきです。

現在は地震に対して建物が強く作られるようになったので、地震で建物が倒壊することはほとんどなくなりました。東日本大震災でも倒れていたのはほとんどが耐震強度が見直される前に建てられたものだそうです。

最近の震災の被害のほとんどが浸水による被害や火災による被害なので地震保険の必要性が低そうに思いますよね?でもそれは間違いなんです

東日本大震災の被害のほとんどが津波による被害ですが、これは火災保険の水災では補償できません。そして阪神大震災では神戸市が火災で大きな被害をうけました。この場合も火災保険では対応できないのです。

東日本大震災は津波にの被害、そして阪神大震災も地震が起きたことが原因による火災なのでこれは地震保険でしかカバーできないのです。その原因が地震にあるからなんです。

法人の場合は地震が起きた時、会社の財産がなくなってしまい、事業を継続できない状態になってしまう可能性があるのなら、少し保険料が高くても地震保険に加入すべきではないでしょうか。

地震保険を含めた火災保険の見積もり・診断をご希望の方はこちら(地震保険をつけない火災保険のみのご相談も可能です。)

【全国税理士紹介センター】あなたにぴったりの税理士をお探しなら!

全国税理士紹介センター

費用、場所、相性、年齢、性別、専門・得意分野など、あなたにぴったりの税理士を全国どこでも無料で紹介いたします。

初回相談・ご面談無料!専門のコーディネーターがあなたの希望をじっくりとお伺い致します。紹介実績30,000件以上のネットワークで強力サポート!

ご相談はいますぐ→実績多数の全国税理士紹介センターへ

公庫で融資を断られた方でも資金調達が可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

融資不可となり起業をあきらめる前に、投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか?
※無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。
Founder(ファウンダー)起業家ユーザー無料登録はこちら

【法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら】

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

売掛金がない。公的融資を申請している時間もないという方へ

事業者向けビジネスローンビジネクストが選ばれる4つのメリットとは?

  • 年会費・補償料無料
  • 保証人・担保不要
  • 使用用途自由
  • お申し込みからご融資まで来店不要

ご融資額は1万~1000万円となります。毎月の返済額が自動で計算できます。

事業拡大・決算時などのまとまった資金ニーズに、一時的なつなぎ資金にご活用ください。

全国税理士紹介センター

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

自分で会社を作るなら!自分で出来る!セルフキットシリーズ
株式会社設立キット合同会社設立キット
会社変更手続きドットコム 公的融資申請レポート
このページの先頭に戻る
会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2018 会社設立.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。