外国法人(アメリカ会社)の解散・清算手続きマニュアル

会社設立.com
お問い合わせはこちらから
  1. 会社設立.com TOP
  2. 外国法人(アメリカ会社)の解散・清算手続きマニュアル

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

外国法人(アメリカ会社)の解散・清算手続きマニュアル

外国法人の解散・清算手続きを行うには、以下の二段階手続きが必要になります。

1.アメリカ本国で閉鎖手続きを行う

閉鎖手続き

2.日本の管轄法務局にて閉鎖手続きを行う

ここでは、アメリカ側の手続きは割愛し、日本側の手続きに関して解説します。

【日本側で行う具体的手続きとは?】

フローは以下の通りです。

  1. 宣誓供述
  2. 営業所閉鎖登記
  3. 官報公告
  4. 日本における代表者退任登記
1.宣誓供述

まずは国務省のサイトから予約を取ります。

https://jp.usembassy.gov/ja/u-s-citizen-services-ja/appointment-system-acs-ja/

上記ページより、最寄りの大使館・領事館を選択して、WEBサイトから予約を取ります。

※名古屋アメリカ領事館では公証サービスを行っていないのでご注意ください。

公証サービス

予約を取ると、予約確認書が出ますので、印刷して当日持参します。

【当日必ず持参する書類】

  • 予約確認書
  • 顔写真付きID(パスポート、運転免許証、マイナンバーカード)
  • 履歴事項証明書
  • 会社定款(Affidavit)
  • 本国で閉鎖したことを証する書類

宣誓供述書には、以下を記載します。

  • 当社の日本における営業所を閉鎖することと、その日付
  • 日本における全ての代表者を退任させることと、その日付

解散に伴う清算人の就任と債権者保護手続きを行うことの2項目は登記には必要ありません(詳しくは司法書士にお尋ねください)。

尚、宣誓供述の際にアメリカ側での閉鎖手続きが済んでおり、且つ、フランチャイズタックスの支払いが完了していない場合、交渉してもらえません。確実に本国側での手続きを完遂した上で宣誓供述を行いましょう。

2.営業所閉鎖登記

アメリカ領事の公証が終われば、宣誓供述書に日付と公証人のサイン及びスタンプが付されます。

それが原本になりますので、その原本と日本語訳文に代表取締役及び日本における代表者の署名、日付と代表印で押印をした上で司法書士に渡せば、登記申請してもらえます。

登記が完了すれば、履歴事項証明書の最後の部分「登記記録に関する事項」に営業所閉鎖が登記されます。

3.官報公告

営業所閉鎖の登記が完了したら、官報販売所に公告の掲載申込みをします。官報には1ヶ月掲載する必要がありますので、例えば11月11日掲載予定でしたら、12月12日に債権者保護手続が終了となります。

官報掲載例

官報公告

債権者からの異議がなければ、「異議がなかったことを証する上申書」を作成し、法務局に提出します。

4.日本における代表者退任登記

ここまで終わって、晴れて外国法人の閉鎖が完全に終わります。

ご自身でやることとしては、アメリカ側での閉鎖手続きと日本側の大使館での宣誓供述及びその訳文の作成です。

あとは司法書士さんに依頼すれば、司法書士が官報掲載や登記手続きは全てやってくれるので安心です。

公庫で融資を断られた方でも資金調達が可能な「ファクタリング」はご存知ですか?

つなぎ資金が足りない。融資を断られた。すぐに事業資金が必要。

そんな経営者様でも大丈夫!売掛金を売却して資金繰りを改善。ファクタリングの活用によって、即日の資金調達も可能です。100万円以上の売掛金があればOKです。信用情報への影響も無し。

利用事業者数10,000社以上。資金繰りの改善で銀行の信頼もアップ。保証人・担保も必要ありません。まずはカンタン10秒無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

融資不可となり起業をあきらめる前に、投資家から1,000万円の事業資金を調達しませんか?
※無料登録後すぐに案件内容が公開され、投資家からの連絡を受け取ることができます。
Founder(ファウンダー)起業家ユーザー無料登録はこちら

【法人経営者・個人事業主向け民間ローンなら】

事業者向けローンなら公共機関に並ぶ安心感のオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討しましょう。

急な資金需要にお応えする最短即日審査というスピード力や用途に応じて最大500万まで対応可能な契約コース、業界トップクラスの低金利6.0~17.8%による借入が可能になります。

事業者向けのカードローンであるビジネスローンは非常に使いやすく、手軽に融資を受けることができる方法として近年広まっています。

ビジネスローンの主なメリットは、「銀行融資に比べて審査通過率が高い」「無担保・保証人なし」「ATMでいつでもどこでも借入可」「数日で借りれる」といったものがあります。

一方で銀行融資はしっかりとした目的(新規事業や設備投資、仕入れ、つなぎ融資など)がないと融資が下りることはありません。銀行融資と比較しながらビジネスローンのメリットと審査を通すポイントにフォーカスし、融資をうまく活用してより事業を繁栄させるための一歩を踏み出しましょう。

売掛金がない。公的融資を申請している時間もないという方へ

事業者向けビジネスローンビジネクストが選ばれる4つのメリットとは?

  • 年会費・補償料無料
  • 保証人・担保不要
  • 使用用途自由
  • お申し込みからご融資まで来店不要

ご融資額は1万~1000万円となります。毎月の返済額が自動で計算できます。

事業拡大・決算時などのまとまった資金ニーズに、一時的なつなぎ資金にご活用ください。

全国税理士紹介センター

ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

自分で会社を作るなら!自分で出来る!セルフキットシリーズ
株式会社設立キット合同会社設立キット
会社変更手続きドットコム 公的融資申請レポート
このページの先頭に戻る
会社設立.com
お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2018 会社設立.com All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。